令和元年度 八尾徳洲会総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 187 155 162 182 505 899 1474 3569 2781 697
当院においても厚生労働省の患者調査結果と同じような年齢階級の曲線となっています。
このグラフは10歳区切りではあるが70歳以上の動向では増加、結果として全患者数に対する比率も増加中です。
高齢者の数・割合が増えるのと共に、病院における入院に頼る傾向が強くなった状況も反映されていると考える。

昨年に比べ「70~」の入院数が増加している
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 338 17.8 20.84 17.16 84.64
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 191 11.8 12.58 5.76 79.31
050130xx99000x 心不全 129 16.43 17.71 4.65 82.47
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 105 20.3 18.84 6.67 77.83
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 74 2 2.03 0 59.84
当院内科では臓器横断的に感染症から膠原病、内分泌疾患、血液疾患まで様々な疾患を診療しています。
年齢層は思春期より超高齢者まで幅広く、救急から集中治療、在宅医療、緩和医療も含めての幅広さが特徴です。地域の開業医や地域の病院、そして福祉施設との連携に重点を置き、高齢者の受け入れを行っています。昨年に引き続きご高齢の方に多い肺炎や尿路感染症、心不全の患者様を多く診させていただいています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 451 2.55 4.40 0 71.79
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 192 2.24 3.01 0 71.22
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 128 2.86 5.34 0 72.29
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 104 2.25 3.15 0 73.38
050130xx99000x 心不全 72 17.56 17.71 9.72 77.11
当法人徳洲会の柱である救急医療において循環器診療の占める割合は大きく、オンコール体制も整えており24時間体制を引いています。
現在、冠動脈疾患・下肢動脈疾患に対する治療件数は関西有数の施設となっております。
また透析患者様に見られる高度石灰化病変に対するRotablator治療に関しては全国有数の施設となっております。
主治医は専門医が中心となって行っており、安全でかつ正確な治療を心がけております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 32 3.44 9.96 0 4.16
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 18 4.89 5.69 0 4.67
040100xxxxx00x 喘息 12 4.67 6.64 0 7.5
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 8 4.25 6.19 0 0.88
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 7 4.14 5.73 0 7
一般小児科として多岐にわたり診療を行っています。
肺炎や腸炎、喘息、脱水症による全身状態不良な患者様の外来および入院を適時受け入れています。アレルギー学会専門医として、アレルギーやアトピーの診療にも積極的に力を入れています。
また、当院には小児外科もあるため、協力し診療にあたっています。各分野の専門医と連携し、可能な範囲で心身症や発達障害の患者様の外来および入院も受け入れています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 118 3.5 4.85 0.85 69.03
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 93 4.23 6.37 0 63.51
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 81 7.49 8.89 4.94 73
060150xx03xxxx 虫垂炎 67 4.03 5.45 1.49 36.58
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 63 5.25 7.13 0 59.29
当院では外科・肝臓センター・小児外科・乳腺外科・呼吸器外科を展開しています。24時間の救急体制で診療に当たり、休日夜間の緊急手術にも対応しています。消化器手術全体については例年通り腹腔鏡手術を中心とした手術に力を注いでいます。呼吸器外科においても、胸腔鏡手術を実施しております。肝臓センターではウィルス性肝炎や肝胆膵領域の悪性疾患を中心に治療を行っています。診断にはEUS、ERCP、造影エコーなど最新機器を活用し、治療は血管合併切除などの超拡大手術から腹腔鏡下手術などの低侵襲治療を積極的に行っており、患者様に優しい、患者様の目線に立った治療を常に考慮しています。
例年、腹腔鏡下手術を含め、年間約40例の肝切除術、年間約25例の膵臓手術を行っています。小児外科では新生児も含め、年間の全身麻酔手術症例数が100例をコンスタントに維持できるようになりました。「こども」たちに傷が目立たない鏡視下手術を導入し、最新で低侵襲な治療を第一に考えています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 146 26.49 25.94 32.88 78.42
160760xx97xxxx 前腕の骨折 75 5.8 5.54 0 60.35
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 31 22.35 23.56 0 76.45
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 27 19.93 20.74 25.93 80.52
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 25 13.88 15.09 8 73.36
骨折・外傷疾患の手術が多く、中でも高齢者の骨折手術が多くみられ、合併症を持つ患者様もできるだけ受傷前の状態に回復できるように院内他科、および近隣の回復期リハビリ病院様の協力も得て手術治療を行っております。
また、人工関節手術、脊椎外科手術、肩関節鏡視下手術も開始しており、安定した成績をあげております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070071xx97xx1x 骨髄炎(上肢以外) 27 49.81 52.30 14.81 66.37
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 23 67.48 48.04 30.43 70.22
080010xxxx0xxx 膿皮症 17 11.88 12.55 0 66.12
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 11 4.09 5.26 0 38.91
050170xx97001x 閉塞性動脈疾患 10 15.8 28.90 10 68.8
2009年より関連他科の協力の下、「創傷ケアセンター」を開設しています。
特に閉塞性動脈硬化症に伴う下肢創傷の治療に力を入れています。潰瘍・壊疽などの創傷治療だけでなく、distal bypass術(足首付近までのバイパス術)を含めた血行再建も形成外科で積極的に行っています。血管内治療(カテーテル治療)は循環器内科で行っており、最近では足首より末梢まで血管を拡張できるようになりました。術後の潰瘍や創傷治療には積極的に陰圧閉鎖療法(Negative Pressure Wound Therapy)を取り入れることで、より早期の離床・退院を可能にしています。糖尿病や透析をされている患者様では複数の施設で連携して治療を行うのが一般的ですが、当院では関連他科の協力の結果すべての治療を行うことができます。疾患上位では骨髄炎・壊死性筋膜炎・顔面損傷・眼瞼下垂・閉塞性動脈硬化症と幅広くコンスタントに診療している結果がでました。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 49 19.96 18.81 32.65 68.71
010230xx99x00x てんかん 47 7.38 7.10 8.51 66.04
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 44 9.52 7.34 6.82 66.59
010060x2990211 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 39 17.05 18.54 28.21 77.54
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 39 13.87 16.13 28.21 70.97
当科ではチーム体制での診療と地域に根ざしたDr直通の脳卒中ホットラインを引いており、優先的に救急搬送の受け入れをしているます。
地域連携として高齢者の受け入れも多く、脳出血、慢性硬膜下血腫、脳梗塞の患者様が上位になっています。
また、痙攣発作・症候性のてんかんなどが多い事からてんかんの患者様が上位となっています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 22 19.05 23.77 0 69.18
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 14 10.86 11.75 0 78.86
050163xx02x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 12 14.58 16.44 0 73.5
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 8 21.38 22.71 0 72.13
050163xx02x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 6 34.33 19.82 0 79.17
心臓血管外科の3大手術である、弁膜症・大動脈瘤・虚血性心疾患に対する外科手術が主たる疾患となっています。
心臓血管外科専門医3名、心臓血管外科修練指導医1名、ステントグラフト指導医2名が、院内外の紹介に対して対応し、症例数・手術成績とも安定しております。特に大動脈に対する低侵襲手術(ステントグラフト)は胸部・腹部とも増加しております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120010xx99x51x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 43 3 10.63 0 66.16
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 17 9.82 9.71 0 56.06
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 16 3.94 3.13 0 44.94
12002xxx99x41x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 14 3.21 9.08 0 61.36
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 14 8.86 8.65 0 77.5
当院婦人科では主に婦人科悪性腫瘍、良性腫瘍、子宮脱や膀胱下垂などの性器の位置異常、若年女性や女性の加齢に伴う内分泌疾患、挙児を希望される不妊や骨盤内の炎症疾患などの婦人か全領域の診察を実施しています。
また、妊娠については、初期妊娠の検査をはじめ、妊婦健診等も併せて実施しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 423 2.97 2.78 0 78.05
020240xx97xxx0 硝子体疾患 17 3.41 5.95 0 75
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 9 5.78 6.71 0 68.11
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 4 3 5.09 0 76.25
020210xx97x0xx 網膜血管閉塞症 4 4.75 7.36 0 65
硝子体手術、白内障手術、外眼部手術(眼瞼疾患)の手術を行っております。硝子体手術は増殖性糖尿病性網膜症や硝子体出血、網膜剥離、黄斑上膜や黄斑円孔、眼内炎、眼内異物といった様々な眼症疾患に対して行っております。
また水晶体亜脱臼や無水晶体眼に対しては眼内レンズ強膜内固定術を行っております。白内障手術は褐色白内障や過熟白内障といった重症白内障に対する手術を行うことが多いのが当院の特色です。まぶたの手術は眼瞼下垂や内反症に対して手術を行っております。また加齢黄斑変性に対しては抗VEGFの硝子体注射を行っております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx97xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 11 7.18 8.66 0 24.82
030400xx99xxxx 前庭機能障害 10 4.8 5.01 0 70.7
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 4 4.5 5.45 0 56.5
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 2 2.5 6.80 0 49
030428xxxxxxxx 突発性難聴 2 7 8.93 50 61
当科は2018年4月より常勤医1人体制で外来診療、手術加療、入院加療にあたっています。
悪性疾患や急変時に緊急手術などが必要な疾患は高次医療機関に紹介させてもらっております。当院では救急外来患者が多く、急性感染症である扁桃炎・扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍・喉頭蓋炎などの入院が多くみられます。
また脳神経外科もあり顔面神経麻痺やめまいなどの機能性疾患での入院も多いのが特徴と考えます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 97 4.71 5.61 2.06 63.33
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 55 6.27 7.07 0 75.56
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 52 2.04 2.49 0 73.52
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 30 14.47 11.67 0 74
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 17 10.12 11.14 0 67.82
当科は泌尿器腹腔鏡技術認定を受けています。腹腔鏡下手術、開腹手術、経尿道的内視鏡手術といった主要手術は前年度から増加傾向にあります。
また、腎臓摘出術・腎尿管全摘除術は腹腔鏡手術を中心に行い、腹腔鏡下膀胱全摘徐術は腹腔鏡手術の適応を広げるという当初の目的が達成できました。
尿路結石症に対する治療は、従来の体外衝撃波結石破砕装置は順調に稼働しており結石破砕術を施行しています。
レーザー砕石機があらたに導入され、それまでは内視鏡では砕石できなかった結石が内視鏡で砕石できるようになり、内視鏡下結石砕石術を施行しています。
年々増加の一歩をたどる前立腺癌に関しては、従来通り手術療法、内分泌療法、放射線療法、抗癌剤治療の4通りの治療法を組み合わせた集学的治療を施行しております。



初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 60 10 14 45 1 34 1 8
大腸癌 24 49 70 31 3 49 1 8
乳癌 5 10 14 0 0 6 1 8
肺癌 27 11 30 53 1 82 1 7,8
肝癌 18 8 9 10 1 81 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は、地域のがん医療のニーズに応じて可能な限りの診療活動を行っており、緩和ケアチーム、消化器内科、呼吸器内科、消化器外科、呼吸器外科、肝臓疾患に特した肝臓センターの各部門が連帯してがん診療を行っています。
当院の大きな特徴は、複数のがん専門薬剤師によるきめ細かな抗がん化学療法の副作用対策および医薬部門間の相互連携が行われている点です。さらに放射線治療部門も有しており、がん診療については診断から緩和ケアまで一貫性をもって行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 24 10.33 52.08
中等症 241 15.27 76.42
重症 68 20.71 81.51
超重症 23 28.52 83.61
不明 0 0 0
A-DROP評価にて、当院での結果は成人市中肺炎の患者様で一番多くなっているのは、中等症の241人でした。
高齢者については男性70歳以上・女性75歳以上に該当すると評価項目の1つにあげられるため、
高齢化による影響で中等症になりやすくなる状況にあると考えられます。
軽症と中等症の症例が、ほぼ大半を占めています。また、年齢が高くなるほど重症度が増す傾向にあり、平均在院日数にも
影響することがわかります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 257 20.27 75 32.84
その他 11 21.55 72 1.12
当院の脳神経外科は、脳卒中ホットラインを稼働させています。
地域4市と連携し発症早期の脳梗塞の患者様の救急搬送など受け入れ、早期の治療を可能としている。
急性期の脳梗塞に対する、t-PA(血栓溶解療法)、DSA(血管内造影)による血栓回収、開頭術などの治療を行い他の連携病院にリハビリ等の目的で転院となるため、転院率が高く目立っていると考えられます。
急性期は当院、回復期は連携病院という様に地域の連携パスも構築されている。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 45 2.93 15.24 6.67 71.73
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 45 4.11 7.18 0 72.56
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 42 4.26 2.83 2.38 72.48
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 40 0.3 5.2 0 74.23
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 33 3.61 8.15 6.06 75.27
当院は、日本消化器内視鏡学会専門医指導施設であり、消化管出血当番体制により夜間休日の緊急内視鏡に対応しています。
止血術、その他食道・胃静脈瘤硬化療法、異物除去、狭窄部バルーン拡張や閉塞に対するステント留置など各種治療を行っています。
胆・膵系では、閉塞性黄疸や化膿性胆管炎などに対し内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)、超音波内視鏡(EUS)、FNA関連手技(EUS-FNA、EUS-CPN)を施行しています。
肝臓センターとの連携により、内視鏡的乳頭括約筋切開術の件数が多くみられ、当番体制による緊急対応により内視鏡的消化管止血術が多くみられた結果となりました。
同じく経皮的冠動脈ステント留置術についても、循環器内科の24時間体制と救急部の連携により件数増加の結果となりました。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 251 1.15 1.75 0.4 72.1
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 197 0.78 4.42 0.51 72.68
K5481 経皮的冠動脈形成術(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル) 117 1.85 1.9 0 73.27
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 114 1.28 2.04 0.88 70.95
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 28 0.04 8 0 65.11
循環器内科24時間体制と月曜日から金曜日の外来により緊急に対応出来る体制を整えています。
形成外科主導の創傷治療センターにおいてEVTが必要な症例に協力を行っており、重症下肢虚血に対する治療は、
他施設と比べ集学的で切断率も低くなっています。
2019年度実績としては、経皮的冠動脈ステント留置術415件、経皮的冠動脈形成術248件
(うち高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテルによるものは171件)、四肢の血管拡張術・血栓除去術290件の経皮的血管治療を実施している。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 190 1.99 3.05 1.05 63.47
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 125 1.1 1.23 0.8 54.06
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 68 0.29 2.91 1.47 37.4
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 55 4.8 12.04 0 71.38
K6335 鼠径ヘルニア手術 51 1.04 1.78 0 39.78
当院では外科・肝臓センター・小児外科・乳腺外科・呼吸器外科を展開し、消化器手術全体については例年通り腹腔鏡手術を中心とした手術に力を注いでいます。24時間の救急体制で診療に当たり、休日夜間の緊急手術にも対応しています。外科・肝臓センターでの肝胆膵領域の治療、小児外科では新生児も含めた虫垂炎・鼡径ヘルニア手術が多く見られました。
また、2018年より外科の新専門医制度に基幹施設として対応しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 119 5.06 17.99 26.05 76.86
K0462 骨折観血的手術(前腕) 74 2.3 6.97 0 59.69
K0811 人工骨頭挿入術(肩) 55 6.38 18.8 36.36 78.84
K0821 人工関節置換術(股) 52 2.1 20.73 7.69 77.52
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 40 1 1.7 0 51.78
当科では救急診療科と連携し麻酔科の協力のもと緊急手術の受け入れ態勢も整えております。
関節鏡手術や脊椎手術、人工関節手術にも力を入れています。
手術では、骨折に対する手術が多くみられた結果となりました。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0503 腐骨摘出術(足その他) 40 4.8 38.65 12.5 68.3
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 26 9.85 38.12 11.54 75.04
K0021 デブリードマン(100cm2未満) 11 15.64 41.45 27.27 65.73
K0022 デブリードマン(100cm2以上3000cm2未満) 7 16.14 61 28.57 67.86
K0841 四肢切断術(下腿) 7 6.71 44.29 28.57 64.71
当院では関連他科の協力の結果すべての治療を行うことができ糖尿病や透析をされている患者様も院内の連携で治療を行えている。
創傷治療センターでは特に閉塞性動脈硬化症に伴う下肢創傷の治療に力を入れています。
連携の一つで、遠位バイパス手術を形成外科で行っています。血管内治療(カテーテル治療)は、循環器内科で行っており、最近では足首より末梢まで血管を拡張できるようになりました。
下肢創傷手術、骨髄炎手術、内シャント手術、四肢切断術、四肢の血管拡張術・血栓除去術の件数が多く見られ当科の特色が出た結果となりました。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 30 0.93 12 16.67 76.07
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 17 0.29 43.06 88.24 68.76
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 17 0.47 35.65 35.29 66.47
K178-4 経皮的脳血栓回収術 17 0 21.94 41.18 74.59
K1742 水頭症手術(シャント手術) 10 6.1 14.4 10 74.6
当科ではチーム体制での診療と地域に根ざしたDr直通の脳卒中ホットラインを引いており、脳卒中患者様を早期にクリッピングや血腫除去等々の手術を行えるのが特徴です。
高齢者の意識障害、歩行困難などを主訴に慢性硬膜血腫の症例も多く、件数的には慢性硬膜血腫穿孔洗浄術が上位となった。
次に力を入れている脳動脈瘤の手術が多く見られた。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) 21 2.71 19.24 0 73.38
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建)) 17 2.47 18.59 0 75.06
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 12 2.08 8 0 79.25
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 10 2.8 16.7 0 71.5
K5612イ ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 8 1.75 9 0 77.25
手術概要としては心臓弁膜症および冠動脈バイパス術の手術症例は安定。大動脈手術症例は増加しています。 
近年の取り組みとして、心臓弁膜症に対しては右小開胸・内視鏡補助下手術の導入、冠動脈バイパス術は動脈グラフトを主体とした心拍動下バイパス術、大動脈瘤手術は、慢性大動脈解離に対する偽腔の完全血栓化を目指した術式の改良と急患症例に対する緊急ステントグラフト治療を積極的に行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 18 1 7.94 0 55.72
K867 子宮頸部(腟部)切除術 16 0.94 2 0 44.94
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 12 1 7.17 0 78
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 9 0.89 5.44 0 48.33
K879 子宮悪性腫瘍手術 8 5 17 12.5 63
当院の婦人科では、悪性腫瘍、良性腫瘍や子宮脱、膀胱下垂などの性器の位置異常、また、骨盤内の炎症性疾患や内分泌異常を対象として婦人科全領域を診療しています。
特に婦人か領域の悪性腫瘍に対しては、手術を中心とした「集学的治療」を実施しています。「集学的治療」とは、手術療法・化学療法・放射線療法を併用して根治を目指す治療です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 425 0.97 1 0 78.02
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 16 0.69 4.94 0 69.94
K279 硝子体切除術 9 0.89 1.11 0 80.11
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 9 0.44 2.56 0 68.33
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(縫着レンズ挿入) 2 1 2 0 80.5
硝子体手術、白内障手術、外眼部手術(眼瞼疾患)を行っております。硝子体手術は増殖性糖尿病性網膜症や硝子体出血、網膜剥離、黄斑上膜や黄斑円孔、眼内炎、眼内異物といった様々な眼症疾患に対して行っております。
また水晶体亜脱臼や無水晶体眼に対しては眼内レンズ強膜内固定術を行っております。白内障手術は褐色白内障や過熟白内障といった重症白内障に対する手術を行うことが多いのが当院の特色です。まぶたの手術は眼瞼下垂や内反症に対して手術を行っております。また加齢黄斑変性に対しては抗VEGFの硝子体注射を行っております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 11 0.64 5.27 0 25.73
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) 1 1 4 0 68
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 1 0 4 0 50
当科は2018年4月より常勤医1人体制で外来診療、手術加療、入院加療にあたっています。
手術は1人で対応可能な鼻内内視鏡手術、扁桃摘出術、アデノイド切除術、声帯ポリープ切除術、鼓膜チュービングなどを行っています。
手術対象年齢は就学児童からとしているため、成人の扁桃摘出術や慢性副鼻腔炎の手術が上位となったと考えます。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 99 1.07 2.86 2.02 63.01
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 56 0.88 4.41 0 75.5
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 31 0.39 3.32 6.45 66.23
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 27 2.15 9.7 0 72.11
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 15 0.73 6.73 0 77.53
当科は泌尿器腹腔鏡技術認定を受けています。腹腔鏡下手術、開腹手術、経尿道的内視鏡手術といった主要手術は前年度から増加傾向にあります。
また、腎臓摘出術・腎尿管全摘除術は腹腔鏡手術を中心に行い、腹腔鏡下膀胱全摘徐術は腹腔鏡手術の適応を広げるという当初の目的が達成できました。
尿路結石症に対する治療は、従来の体外衝撃波結石破砕装置は順調に稼働しており結石破砕術を施行しています。
レーザー砕石機があらたに導入され、それまでは内視鏡では砕石できなかった結石が内視鏡で砕石できるようになり、内視鏡下結石砕石術を施行しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 11 0.1
異なる 37 0.35
180010 敗血症 同一 66 0.62
異なる 96 0.9
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 3 0.03
180040 手術・処置等の合併症 同一 23 0.22
異なる 3 0.03
当院では肝臓センター、消化器内科による胆道疾患を多く診療し手術(内視鏡下手術)も行っている。
胆道疾患では胆道内圧の上昇をきたしやすく胆管静脈逆流によって,容易に敗血症性ショックやDICなど重篤な合併症へと進展することがあります。
上記の結果は胆道における重篤な合併症DIC、敗血症への移行した症例が多くを占め、入院契機と異なる症例数のほうがそれぞれで多くなった。
更新履歴
2020.09.28
令和元年度 病院情報を公開しました