072-993-8501(代表)

〒581-0011 大阪府八尾市若草町1番17号

■午前診8:00~12:00/ 診察 9:00~

■午後診12:00~/ 小児科受付 13:30~

■夕 診16:30~19:30/ 診察 17:00~

 072-993-8501(代表) 〒581-0011 大阪府八尾市若草町1番17号
■午前診8:00~12:00( 診察 9:00~
■午後診12:00~( 小児科受付:13:30~
■夕 診16:30~19:30( 診察 17:00~

診療科・部門紹介

感染対策室

感染管理指針

八尾徳洲会総合病院の感染管理指針

第1 感染に係わる安全管理の基本的考え方

医療関連感染とは、(1)医療施設において患者が原疾患とは別に新たに罹患した感染症、(2)医療従事者等が医療施設内において感染した感染症のことである。
 医療関連感染は、人から人へ直接伝播するか、又は医療器具等を媒介して発生する。特に、免疫力の低下した患者、未熟児、老人等の易感染患者は、通常の病原微生物のみならず、感染力の弱い微生物によっても、医療関連感染を起こす可能性がある。
 このため、院内感染防止対策は、個々の医療従事者ごとに対策を行うのではなく、医療施設全体として対策に取り組む。当院では、医療従事者全員が正しい認識を持ち、一体となって倫理的配慮を考慮した防止対策を実施することにより、患者様が安心して受けられる地域医療を目指すものである。

第2 感染に係わる安全管理の体制

1.院内感染対策委員会(Infection Control Committee:ICC)の設置

病院長等の医療施設の管理者が積極的に感染制御に関わるとともに、診療部門(研修医含む)、看護部門、薬剤部門、臨床検査部門、事務部門等の各部門を代表する職員により構成される「院内感染対策委員会」を設け、医療関連感染に関する技術的事項等を検討するとともに、院内部門間の感染症情報の共有体制を確立する。全ての職員に対する組織的な対応方針の指示や教育等を行う。

2.感染対策室の設置

病院長の直属下で、組織内外の感染制御を推進する。感染対策に関する事項を各部門や各医療介護、福祉機関と調整を図りながら、実践していく。

3.感染対策推進チーム(Infection Control Team:ICT)の設置

ICTを感染対策室の下部組織として設置し、ICCで決定された事項を現場で実践し感染対策を強化する。また感染サーベーランスを行い、各部署における現状および問題点について、ICCに提起する。そして職員への職業感染防止に関する周知、啓発、指導に努める。

4.ICTリンクナースの設置

ICTリンクナースをICTの下部組織として設置し、結果(outcome)を改善することができる人々に必要な情報を提供することや具体的かつ実践的な感染対策を臨床に啓発することに努める。

第3 院内感染対策のための従業者に対する研修に関する基本方針

院内感染対策委員会とICTは、院内感染防止対策の基本的考え方及び具体的方策について従業者に周知徹底を図ることを目的に、年2回以上の業務態様に応じた従業者を対象に院内研修会を開催するほか、新規採用者や委託業者に対しても必要に応じて研修を行う。また、ICTは研修の開催結果又は外部研修の参加実績を記録・保存する。

第4 感染症の発生状況の報告に関する基本方針

感染対策室とICTは、耐性菌等の感染を防止するため、微生物日報を作成、ラウンドし監視を行う。また「感染情報レポート」を日報、週報、月報、年俸を作成し、 全職員への情報提供を図るとともに、ICC、感染対策室、ICTでモニター・再確認等して活用する。

第5 院内感染発生時の対応に関する基本方針

職員は、医療関連感染が疑われる事例が発生した場合には速やかにICTに報告する。ICC、感染対策室とICTは詳細の把握に努め、対策立案とその実施に介入する。重大な感染事例発生の場合には臨時でICCを招集し、速やかに発生の原因を究明し、改善策を立案し、これを実施するために全職員への周知徹底を図る。必要な場合は紙面情報として病院従業員に周知し,リアルタイムな情報の共有に努めます。

第6 患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

院内感染対策の指針は本院の総合案内横に掲載するものとする。

第7 病院における院内感染対策の推進のために必要な基本方針

感染対策室、ICTは、八尾徳洲会総合病院で定める「感染対策室規定」及び「ICT規程」に基づき、感染防止対策に関わる具体的業務を行う。職員は、委員会が定めた「八尾徳洲会総合病院 感染対策マニュアル」に基づいて、手洗いの徹底など感染防止対策に常に努める。

第8 地域における医療・福祉機関への感染管理支援に関する基本方針

当院は医療、福祉、行政と地域連携を密にし、感染制御に関する相互の情報共有、相互支援を行うことにより、地域完結型医療の一環として地域の感染制御を担うものとする。また感染における安全な在宅医療を提供していきます。

  • 平成25年10月22日改訂
  • 平成27年4月1日改訂

院内感染対策に関するご協力のお願い

1. 手指衛生

もっとも重要な感染予防策は、手指衛生(手洗いまたは手指消毒)です。
当院では、すべての職員へ患者さんに触れる前と後に、手指衛生を行うことを義務付けています。職員の手指衛生が不十分と思われる場合は、遠慮なくご指摘ください。患者および付添いの方々も、以下の要領で手指衛生へのご協力をお願いいたします。

手指衛生を行うタイミング
病室に入る前および病室を出た後
食事の前
トイレの後
手指衛生の方法
手指に目に見える汚れがなければ、擦り込み式の手指消毒薬をお使いください。
手指に目に見える汚れがあるときは、流水と石鹸による手洗いをお願いします。

2. 咳エチケット

咳やくしゃみが出るときは、ティッシュで口元を押さえるか、マスクの着用をお願いいたします。口元を押さえたティッシュは近くのゴミ箱に捨て、手指衛生を行うようお願いいたします。
下記の症状がある方は、速やかに受付までお知らせください。 また、マスクの着用をお願いいたします。また、マスクの自販機を設置していますのでご利用ください。

  • 発熱
  • 悪寒
  • のどの痛み
  • 鼻水

院内感染対策に関するご協力のお願いをダウンロード(PDF)

八尾徳洲会総合病院 感染対策部門設置規程

八尾徳洲会総合病院 感染対策部門設置規程をダウンロード(PDF)

八尾徳洲会総合病院 院内感染対策講習会開催 一覧

八尾徳洲会総合病院 院内感染対策講習会開催一覧をダウンロード(PDF)