072-993-8501(代表)

〒581-0011 大阪府八尾市若草町1番17号

■午前診8:00~12:00/ 診察9:00~

■午後診診療科により異なります(外来予定表参照)

■夕 診16:30~19:30/ 診察 17:00~

 072-993-8501(代表) 〒581-0011 大阪府八尾市若草町1番17号
■午前診8:00~12:00( 診察 9:00~
■午後診診療科により異なります(外来予定表参照)
■夕 診16:30~19:30( 診察 17:00~

診療科・部門紹介

医療福祉相談室

主な業務内容

患者様や家族様の抱える問題に必要な援助を適切に判断。
ご相談ください。

近年の社会福祉制度、年金や医療保険をはじめとする社会保険制度等が頻繁に変化しています。 急激な制度の変化と複雑化により、患者様や家族様も内容が把握できずに困惑されている事も多々あると思われます。 そんな悩みや相談をお伺いし、対応させていただく専門職員として…

医療ソーシャルワーカー(医療福祉相談員)が当院にはおります。

患者様や家族様の抱える問題に対して必要な援助を適切に判断し相談援助をさせていただければと思います。

主な相談内容

  • 医療費の相談
  • 介護保険制度、社会福祉制度について
  • 入院生活での悩み事
  • 退院後の生活の不安 など。

相談時間

月曜日~金曜日 午前9:00~午後5:00
土曜日 午前9:00~午後1:00

相談窓口

当院1階 地域医療支援センター内
※入院中の患者様、家族様の場合、病室内での相談も可能です。

連絡先

072-993-8501 (代表)
※面談対応中などの場合は、お待ちしていただく場合もございます。ご了承下さい。

MSW研究業績

 これまで、学会発表等約60演題の発表をしてきました。重ねて、国際学会発表3演題、単著19本、論文3本、共著4本、報告書等13本にまとめています。受賞歴3回、研究助成金獲得15回など、科学者・実践家モデルの体現を目指します。

2021年 学会発表:計7演題

●2021. 6.4-6.第68回日本医療社会福祉協会(第40回日本医療社会事業学会)(WEB開催) 門田翔太、三谷勇一 2次救急病院の呼吸器病棟に搬送される入院患者の特性:ロジスティック回帰分析による入院前の居住地に焦点を当てた整理

●2021. 11.10-13.14th Asia Pacific Hospice Palliative Care Conference (WEB) Yuichi Mitani. Characteristics of the Salon Leader Candidates in Osaka Prefecture: From the results of a quantitative survey at 65 cancer hospitals in the tertiary medical area.

2020年 学会発表:計7演題

●2020.8.10.第68回日本緩和医療学会(WEB開催) 三谷勇一 がんサロン参加者のself-efficacyに関連する特性:がん診療(連携)拠点病院を対象とした3次医療圏規模の量的調査(研究奨励賞事業助成)

●2020. 9.19.第26回関西がんチーム医療研究会(WEB開催) 門田翔太、三谷勇一 進行性肺がん患者へのACP:プロスペクト理論から考える代理決定者による意思決定の功罪

●2020. 9.19. 第26回関西がんチーム医療研究会(WEB開催) 岩尾涼、三谷勇一 身寄りがないがん末期患者への金銭管理の実際

2020年 論文等:計7本

●大阪府におけるがん患者サロンの参加者の特性と,サロンへの貢献意欲に関連する要因~サロンの均てん化の促進を目指したPDCAサイクルの構築のための基礎調査報告書:三谷勇一. 2018年年度研究奨励賞事業助成 日本医療ソーシャルワーク学会 基礎調査報告書(中河内がん相談支援センター部会)p1-13.2月/2020

2019年 学会発表:計7演題

●2019.6.9. 第67回日本医療社会福祉協会(第39回日本医療社会事業学会)(川崎) 三谷勇一 2次医療圏における6病院合同がんサロンの開催と評価:PDCAサイクルの構築における基礎調査(大阪府がん対策基金助成事業)

●2019.7.31. 第2回がんサロン促進会議(大阪)三谷勇一 2次医療圏等、広域・複数施設によるがん患者サロンの開催(招聘講演)

2019年 論文等:計15本

●2018年12月11日(火)14:00-15:30開催 中河内圏域6病院合同がん患者サロン報告書:三谷勇一. 平成30年度大阪府がん対策基金企画提案型公募によるがん対策貢献事業助成事業報告書(中河内がん相談支援センター部会)p1-p15. 1月/2019

2018年 学会発表:計6演題

●2018.9.22. 第23回関西がんチーム医療研究会(大阪) 三谷勇一 マクロ・ミクロレベルにおける多職種連携の就労支援チームの創設および評価の構想:がん政策サミットにおけるロジックモデルの活用

●2018.11.11.日本緩和医療学会第1回関西支部学術大会(大阪)三谷勇一 2次医療圏における6病院合同がんサロンの構想(大阪府がん対策基金助成事業)

2017年 学会発表:計4演題

●201.9.16~17 第8回日本医療ソーシャルワーク学会 (山梨) 門田翔太、三谷勇一 急性期病院における診療報酬改定に伴う退院支援加算算定の解釈と工夫

●2017.9.16. 第21回関西がんチーム医療研究会(大阪) 三谷勇一 当院におけるがんサロンの現状と課題:Solution Focused Approachの中心哲学を応用した整理(優秀演題賞受賞)

2017年 論文等:計1本

●高齢者の生きがいと社会参加;社会参加の現状・社会参加に向けた課題と対応策:三谷勇一.学びを追求する高齢者福祉 第2版(保育出版社),3月/2017.

2016年 学会発表:計9演題

●2016.6.17~18. 第21回日本緩和医療学会(京都) 三谷勇一 がん地域連携パスにおけるMSWによる科学的根拠に基づく介入の試み:独立型t検定による面談時における肯定的態度との関連

2015年 学会発表:計7演題

●2015.8.29 第17回 関西がんチーム医療研究会(大阪) 三谷勇一 がん患者の就労支援における自己のニーズを引き出すセルフアセスメントシートの開発~患者支援における情報共有のあり方の検討~(優秀演題賞受賞)

2014年 学会発表:計2演題

●2014.9.27~28 第5回 日本医療ソーシャルワーク学会東京大会(東京) 三谷 勇一 医療専門職を対象とした退院調整への意識調査の実施の提言と仮説の醸成

2014年 論文等:計1本

●三谷 勇一 キーワードから見るソーシャルワーク QOL 『現代ソーシャルワーク論-社会福祉の理論と実践をつなぐ』 (晃洋書房)  2014.5